Webサイト運用の代行・支援サービス
SENZOKU LAB.のご紹介

トップページ Webサイト運用の代行・支援サービス SENZOKU LAB.のご紹介
SERVICE

Webサイト運用の代行・支援サービス
SENZOKU LAB.のご紹介

お客様の「Webサイト運用パートナー」として専属チームで対応する、株式会社プロトソリューションのSENZOKU LAB.をご案内します。

導入から運用まで専任の担当者が
継続的にサポートいたします。

お問い合わせ 資料ダウンロード

SENZOKU LAB.は
企業のWebサイト運用を支援します

企業の課題として、業務改善が欠かせない時代。Webサイトの運用に関しても例外ではありません。
SENZOKU LAB.は、企業のWebサイト運用の一部またはすべてを代行・支援するソリューションサービスです。下記の6つが、SENZOKU LAB.の主な代行業務になります。

Webサイト運用の企画・プランニング

お客様へのヒアリングをもとに、Webサイト運用の企画・プランをご提案します。
これまで100社以上をサポートしてきた経験から、ご要望に的確かつ柔軟に応えられるプランをご用意させていただきます。

Webサイトの設計・構築

目的達成に最適なWebサイトの設計・構築を行います。加えて、追加またはリニューアルをするページやコンテンツのデザイン、コーディング、継続的な更新、修正、改善など、さまざまな業務にも対応可能です。

コンテンツの管理・制作・運用

コンテンツの管理・制作・運用を代行します。WordPressなどのCMSを用いたコンテンツ運用も代行可能です。CMSの導入と構築、バージョンアップのほか、既存のWebサイトからのデータ移行といったご要望にも対応でき、構築後のコンテンツ制作や更新・管理も行います。

広告制作・運用

広告のプランニングから、制作・配信、配信後のレポート作成とそれにもとづいた改善まで、各種アドオペレーション業務を代行します。業務の簡略化のご提案も可能です。

ランディングページの制作・運用

ゼロベースから、ランディングページ(LP)の設計・制作の対応も可能です。LP公開後は、アクセス分析にもとづき、よりCV獲得へと結びつく最適化プランのご提案もできます。

メールマガジンの制作・運用

メールマガジンの制作や運用を代行します。顧客リストの管理や企画、ライティング、配信なども対応可能です。

SENZOKU LAB.の9つの特長

SENZOKU LAB.という名称は、Web事業を代行・支援するサービスを提供するにあたって、お客様だけの“専属ラボ”になりたいとの思いから名づけました。
そんなSENZOKU LAB.には、下記のような9つの特長があります。

お客様の価値観や企業文化の理解からスタート

サービスをご利用いただくにあたり、SENZOKU LAB.では、お客様と同じ価値観や企業文化を共有することを第一に考えます。価値観の共有のために、綿密なヒアリングを行うのはもちろん、各企業様に合わせて、デイリーのミーティング、懇親会の開催、会議・研修・合宿への参加などを実施しているケースも。

品質担保の徹底とRPAによる効率化を実現

情報やコンテンツがミスなく、正確であること。そうした品質担保が徹底されているのも、SENZOKU LAB.の特長です。そのための仕組み作りも行います。AIを含むRPA(Robotic Process Automation)を活用し、運用業務をオートマティックに実行していくことも可能です。

体制の柔軟性とナレッジの継続性を両立

SENZOKU LAB.では、沖縄センターを軸とした160名超の体制から、お客様のニーズに合致した最適なメンバーをアサイン、SENZOKUチームを編成します。状況の変化に応じ、都度適正なメンバーをアサインすることも可能。また、SENZOKUチームのメンバーが入れ替わった場合も、常にノウハウやナレッジを蓄積していく体制を整えています。

さまざまなチーム体制を選択可能

SENZOKUチームは、通常はディレクター、デザイナー、エンジニアの3名が最小の体制です。しかし、これはあくまで基本。「デザインとコーディングのみを担当する」「Web広告の運用のみを担う」「アカウント発行・事務や経理の手続き・顧客管理などのバックオフィス業務をまるごと引き受ける」といったスタイルもお選びいただけます。

メンバーの常駐派遣も選択可能

現在、社内で行っているWebサイト運用の一部を切り分けて外注するには、オンサイト(現場)でのディレクションが必要だということも少なくありません。その体制を実現するために、クライアント企業様に常駐メンバーを派遣する形もご提案しています。

スモールスタートにも対応

ミニマムな契約としては、トライアルとなる1ヵ月実働80時間をベースとしたプランからご用意しています。デザインの変更やコンテンツの一部修正など、小さな業務からでもご相談が可能です。サービス料金は、業務内容とチーム編成を組み合わせるパッケージプランと、稼働人数と時間を設定の上で実働するプランの2種類をご用意。時間単位の契約も可能です。

ニアショアのメリットを享受

SENZOKU LAB.は沖縄を拠点としているため、国内の地方企業への外注を意味する、「ニアショア」によるコスト削減効果を得ることができます。国外企業への外注を意味するオフショアと比較すると、コストにおけるメリットが大きいわけではありませんが、オフショアよりもコミュニケーションが圧倒的にスムーズというメリットがあります。

地震などの災害リスクを回避

最近は、Webサイト運用代行・支援サービスを、DR(災害復旧)対策やBCP(事業継続計画)対策の一環と捉えて活用する企業が増えています。とりわけ沖縄は、地震が少ないというメリットがあります。一方、台風は多いのですが、毎年来る台風シーズンへの対策は万全で、心配はいりません。

強固な情報セキュリティ体制を構築

SENZOKU LAB.の沖縄本社は自社ビルで、監視や管理体制は万全です。社員貸与のすべてのPCも、高セキュリティのシステムを導入済み。また、沖縄綜合警備保障(ALSOKグループ)との契約で、有事のときの備えも万全です。さらに、「プライバシーマーク」を取得しており、個人情報の取り扱いを適切に行えるとの評価も得ています。

導入事例

実際に、SENZOKU LAB.をどんな体制で導入して、どのような成果が出ているのでしょうか。
導入いただいているクライアント様の事例を、2つご紹介します。

ヤフー株式会社様

企業文化に共通項があると感触を得たのが、決め手

お取引年数:4年

SENZOKUチーム人員数:26名

サポート内容:アドオペレーション、バナー制作、動画制作、広告レポート代行、広告作成ツール開発、広告提案代行、広告設定代行

SENZOKU LAB.導入前の課題・要望

  • 広告主、広告代理店の増加に対し、社内のリソースが不足していた
  • グローバル広告主向けのマーケティング支援に注力したい
  • ヤフーガイドラインを熟知した、動画・バナーを制作可能な外部パートナーを欲していた

SENZOKU LAB.導入後の成果

  • SENZOKUチームが既存の広告クライアントや代理店に対する提案を代行することで、ヤフー様の社内リソースをより上流の業務へと注げるようになった
  • クリエイティブの制作依頼も容易になった

ヤフー様は、主に広告主様、広告代理店様の増加に対し、社内のリソースが不足しているという課題の解消のために、全国に拠点を立ち上げてサポートメンバーを採用するか、外部パートナーを利用できないかといった模索が続いていたそう。コストより品質重視という方針で、打開策を検討されていました。

その中で外注先として候補に上がったのが、SENZOKU LAB.でした。外部パートナーとしての決め手となったのは、「相性の良さ」。ヒアリングなどを重ねていく中で、人材の採用基準に対する考え方など、ヤフー様とプロトソリューションの企業文化に共通項があるとの感触を得ていただいたのが、決め手となったようです。

私たちとしても、「ヤフー様のために、いっしょに仕事の質を上げていこう」との思いで仕事に取り組むことができている点で、確かな信頼関係を築けていると考えています。

株式会社フラクタ様

『ノウハウなどもすべて伝えた上で、いっしょに成長していく』というスタンス

お取引年数:8年

SENZOKUチーム人員数:4名

サポート内容:ShopifyでのECサイト運用、Webサイト運用、Webデザイン、Web制作、コーディング、バナー制作、動画制作

SENZOKU LAB.導入前の課題・要望

  • さらなる事業拡大に向け、パートナーとして長期的にタッグを組める会社を探していた
  • 要件定義の変更が頻繁に発生する案件が多く、対応できる会社を求めていた
  • 案件ごとに毎回経験値がリセットされる契約は避けたかった

SENZOKU LAB.導入後の成果

  • 要望を細部までくみ取り、作業を進める体制がニーズとマッチ
  • 単なる制作要員ではなく、同じチームメンバーとして成長を感じられることが信頼感に結びついている

フラクタ様は、日本のD2Cブランドを支援するトータルブランディングパートナーとして、2013年の創業以来、数多くのブランドの成長をサポートしている企業です。ブランディング事業を柱に、戦略策定・ブランドコミュニケーション設計・クリエイティブ・ECサイト支援などを一気通貫で行っています。

事業拡大に伴い、「ノウハウなどもすべて伝えた上で、いっしょに成長していく」というスタンスで、「共に仕事に取り組めるパートナーを見つけられないか?」との要望が高まっていたそう。

SENZOKU LAB.は、まさにそのニーズに合うものだったとのこと。正直、最初から100%うまくいったわけではありませんが、徐々にアジャストしていき、現在は同じチームメンバーという感覚で仕事が進められるようになっています。それを私たちは日々実感していますし、フラクタ様にもその点を評価いただいています。

SENZOKU LAB.ご契約の流れ

Webサイト運用をSENZOKU LAB.に外注いただく際の、お問い合わせからご契約までの一連の流れをご紹介します。

  1. ヒアリング

    お客様からオンライン相談・メール・電話によるお問い合わせをいただき、弊社の営業と現場担当者(ディレクター)が、Webサイト運用の現状、課題、ご要望についてヒアリングいたします。
    ヒアリングは、オンラインと対面のどちらでもご対応可能です。

  2. 要件定義

    ヒアリング内容を整理し、要件とWebサイト構成の定義、仕様策定などを行います。
    1回目のヒアリングの後に、追加の質問や資料のリクエストをさせていただく場合もありますので、ご協力ください。

  3. プランのご提案

    お客様のご要望・課題に対して、最適な要件・改善案・契約プランなどをご提案。
    通常は、お問い合わせからご提案まで1~2週間程度のお時間をいただきます。

  4. ご契約・ラボ開始

    お客様の承認・決裁が完了次第、ご契約を締結します。
    導入から運用までは、専任の担当者が継続的にサポートいたしますので、安心してご相談ください。

導入から運用まで専任の担当者が
継続的にサポートいたします。

お問い合わせ 資料ダウンロード

導入から運用まで
専任の担当者が
継続的に
サポートいたします。

まずはお見積りのみでも
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ
ご検討中の
お客様へ

SENZOKU LAB.の実績・事例を含むサービス資料をダウンロードいただけます。

資料ダウンロード